Skip to content

Tag: deos

【対談】GSN, D-Caseの動向と必要性 – 名古屋大学 山本先生 x 平鍋対談

 最近のGSN(Goal Structuring Notation)の動向 では、先生、最近のGSNの動向について、少しお話をいただけませんか?     最近、我々がまとめたのが… お、これは!     DEOSの本ですね。所さん(所眞理雄氏)が中心になって、7年間のプロジェクトの成果がまとまったんですね。それが、このDEOSという本です。この中に「ディペンダビリティ工学」というのがあるんですけど…   これは、新しい名前ですか?「ディペンダビリティ工学」?     そうですね。「Dependability Engineering for Open Systems」という事で、変化し続けるシステムのためのディペンダビリティ工学。その変化し続けるシステムのディペンダビリティ、信頼性を保証するために、ここに図があるんですけど(右下画像)、D-Caseが使われています。D-Caseは、GSNを拡張した表記法ですね。   これは日本で書かれた本ですか?     はい、日本で書かれた本です。この取り組みを、オープングループというエンタープライズアーキテクチャの標準化をやっている組織があるんですけど、そこに我々が一緒になって提案しています。それは、エンタープライズアーキテクチャを高信頼化するための手法で、GSNが、本格的に採用されています。そういう動きがあります。    ISO26262の機能安全の中で、GSNは標準的な表記法として採用されている 先生は、GSNに着目された、”D-case“として、DEOSの中に持ち込もうとされた着目の動機みたいなものはありますか?   それは、「受け身」で始まったんですけど。笑。 […]