Skip to content

Category: SysML

MBSE (モデルベース・システムズエンジニアリング) とSysML概説

 「モデルベース・システムズエンジニアリング」とSysML概説 「モデリングしてますか?」 システムが複雑になって、メカ、エレキ、ソフト、色んなコンポーネントが絡み合って、一つの目的を達成するようなシステム開発では役割を超えて、いろんな人が、メカ専門の人、エレキ専門の人、それからソフト専門の人集まってですね、システムの問題領域を理解する必要があります。 あるいは、その作ろうとしているシステムの構造や振る舞いについて、共通の理解を作っていく必要がありますが、その為にですね、今、「システムズエンジニアリング」といった領域が注目を集めています。 特に、中心に「モデル」を作ってですね、そのモデルで、全体の合意を作っていこう、という「モデルベース・システムズエンジニアリング」、略して「MBSE」と言いますが、そんな活動、新しい工学が、今、注目をされています。 最近ですと、鉄道、航空、自動車ですね。あと日本だとロボティクスやスマートハウスといった、そういったシステムも今言ったようなシステムズエンジニアリングの課題になってきています。  オーケストラのように、全員が全体を把握できる楽譜が必要 例えば、オーケストラを例にとるといいかもしれません。色々な楽器を吹く方々が集まって一つの音楽を作るときにやはり指揮者のような立場の人がいて全体をオーケストレイトしていく。そんな必要がでてきます。そういう時に、共通の図面というか言語が必要になります。 メカ、エレキ、ソフト、それぞれが独自の図面というか、ビジュアライゼーションの方法をもっていますが全体を通じたものって、今まで定義されてませんでした。 SysMLという言語がOMGで定義されて、そのオーケストラの楽譜のような全体で、それを見て全員が理解できるような言語が作られてきています。このAYM(Are you modeling?)サイトでは、SysML、それからMBSE(Model based systems engineering)それから、Safety関連ですね、特にGSNと呼ばれる「システムが安全である」ということを、ビジュアルな表現でもって議論をしていくような手法なんかも注目されています。こういった新しい手法をみなさんに紹介していきたいと思います。

【対談】ロボットのハードウェア抽象化層を標準化する – JASAがOMGでHAL(Hardware Abstraction Layer)の規格を提案

米国OMGの規格策定会議に参加中のJASA(組込み技術協会)の中村理事に、JASAが提案しているOpenELおよびHAL規格について、その思いをお話頂きました。 モデリングしてますか? 今日は米国のテキサス、オースチンに来ています。OMGの標準化ミーティングに参加しています。今日は中村さんをお招きしてお話を伺いたいと思います。こんにちは、中村さん。   こんにちは。      ロボットのハードウェア抽象化レイヤーの標準化活動 今回OMGはどういった目的で参加されているんですか?     はい。私はOMGではロボットのハードウェア抽象化レイヤーの標準化を進めようということで参加しております。     HALってやつですね。エイチエーエル。     はい。ハードウェア・アブストラクション・レイヤーの略で「ハル」と呼んでおります。     その辺に関わることになった経緯も含めて自己紹介をお願いできますか?     私は、日本では社団法人組込みシステム技術協会、略称でJASAと言いますが、そちらで理事をしておりまして、その中のプラットフォーム研究会というところで、ロボットのハードウェアの抽象化を標準化しましょうという活動を行っております。JASAではOpenEL(Open Embedded Library)という規格を現在作っておりまして、OMGに参加して、ロボティクスDTFで活動しております。 JASAってETロボコンとかもやってらっしゃいますよね?     はい。既にETロボコンの開発キットとして弊社よりOpenELに対応しましたリアルタイムOS、およびOpenELのライブラリを配布しておりますので、ETロボコンの参加者の方は既にOpenELを使っていただける環境にあります。 […]

介護補助システムの設計(2) ブロック定義図編

チェンジビジョン astah* SysML製品プロダクトオーナーが「介護移乗補助装置」を題材に、SysMLモデリングを紹介するコンテンツの2回目です。 前回のSysML要求図に続き、今回はブロック定義図およびブロックと要求間の関係の描き方、ブロックや満足(satisfy)などのモデルを解説します。 ■SysML動画シリーズ (1) 要求図 (2) ブロック定義図 (3) 内部ブロック図 (4) パラメトリック図