Skip to content

動詞de!! モデリング ①「導入編」


Kenji_in_Verb_Modeling

平鍋

「モデリングしてますか?」
今日は、セイコーエプソン(株)の萩原さんをお招きして「動詞de!! モデリング」、”誰でもできるモデリング”の手法についてご紹介いただきます。では、萩原さん、よろしくお願いします。

 

hagiwara-san_verb_modeling

萩原さん

セイコーエプソンの萩原です。よろしくお願いします。
今日は「動詞de!! モデリング」ということで、誰でもできるモデリング、という形で説明していきたいと思います。「モデリング習得」には、3つの壁があります。

1. オブジェクト指向の敷居が高い、2. UMLの習得が難しい、3. そもそも「モデリング」ができない

Verb_de_modeling1

「動詞de!! モデリング」という事なので「動詞」がポイントとなっていきます。
この「動詞」なんですが、Value Engineering (VE)の機能の定義を見るとその良さが、よく分かってきます。

Verb_modeling2

目的語と動詞で、機能を表します。「腕時計は、時刻を示す」というようなものがありますと、「時刻」と「示す」。
この目的語と動詞で「機能」を表していきます。この「機能」をですね、クラス図に描いていく、というモデリング手法になっていきます。それでは、ザックリとモデリング手順について説明したいと思います。

動詞、モデリング

まずは、目的語と動詞で「機能一覧」を作ります。この「機能一覧」を、クラス図に割り当てます。

目的語をクラスにしてですね、動詞を関連にするという形で割り当てます。
機能を、クラス図に割り当てましたので、この段階でですね、クラス図としては、過不足ないクラス図になるのですが、まだ構造としてはおかしいので、これをですね、凝集度と結合度の観点で良い構造にしていく、というような形にモデリング手順を進めていきます。

Kenji_in_Verb_Modeling

平鍋

 

はい、萩原さん、ありがとうございました。では、次回に「実践編」ということで、事例を使ってお見せしたいと思います。

 


補足

[関連リンク]

Advertisements

3 Comments »

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: