Skip to content

MBSE (モデルベース・システムズエンジニアリング) とSysML概説


AYM 「モデルベース・システムズエンジニアリング」とSysML概説


「モデリングしてますか?」
システムが複雑になって、メカ、エレキ、ソフト、色んなコンポーネントが絡み合って、一つの目的を達成するようなシステム開発では役割を超えて、いろんな人が、メカ専門の人、エレキ専門の人、それからソフト専門の人集まってですね、システムの問題領域を理解する必要があります。

あるいは、その作ろうとしているシステムの構造や振る舞いについて、共通の理解を作っていく必要がありますが、その為にですね、今、「システムズエンジニアリング」といった領域が注目を集めています。

特に、中心に「モデル」を作ってですね、そのモデルで、全体の合意を作っていこう、という「モデルベース・システムズエンジニアリング」、略して「MBSE」と言いますが、そんな活動、新しい工学が、今、注目をされています。

最近ですと、鉄道、航空、自動車ですね。あと日本だとロボティクスやスマートハウスといった、そういったシステムも今言ったようなシステムズエンジニアリングの課題になってきています。


AYM オーケストラのように、全員が全体を把握できる楽譜が必要


orchestra

例えば、オーケストラを例にとるといいかもしれません。色々な楽器を吹く方々が集まって一つの音楽を作るときにやはり指揮者のような立場の人がいて全体をオーケストレイトしていく。そんな必要がでてきます。そういう時に、共通の図面というか言語が必要になります。

メカ、エレキ、ソフト、それぞれが独自の図面というか、ビジュアライゼーションの方法をもっていますが全体を通じたものって、今まで定義されてませんでした。

SysMLという言語がOMGで定義されて、そのオーケストラの楽譜のような全体で、それを見て全員が理解できるような言語が作られてきています。このAYM(Are you modeling?)サイトでは、SysML、それからMBSE(Model based systems engineering)それから、Safety関連ですね、特にGSNと呼ばれる「システムが安全である」ということを、ビジュアルな表現でもって議論をしていくような手法なんかも注目されています。こういった新しい手法をみなさんに紹介していきたいと思います。

GSNサンプル

GSNサンプル

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: