Skip to content

「これだけ」モデリング – Part 1/2


平鍋

平鍋

モデリングしてますか?
今日は、メソドロジックさんにお伺いして、山岸さんが提唱されている新しいコンセプトである、「これだけモデリング」について、お話をしていただきたいと思います。
それでは山岸さん、どうぞよろしくお願いいたします。

山岸さん

山岸さん

こんにちは、メソドロジックの山岸です。今日は「これだけモデリング」という話を、短い時間ですが簡単にご説明させていただきます。

 


AYM モデリングの威力はすごい。しかし,これだけ役立つのに、なぜ使われていないのか?


Koredake_modeling1私は、20年前にブーチ法というものに出会って、モデリングを知ったのですが、それから今まで自分が関わったプロジェクトでは、大体モデリングをやってきたという経験があります。今となっては、モデリングせずにプロジェクトをやるのは、素手で戦っているというような感じで、非常に違和感があり、凄く野蛮な気がします。

UMLが出てきて既に15年以上経っていますが、これだけ役に立つものなのに、なぜか意外に使われていない、という事に驚きを感じています。

というのは、モデリングが、どれくらい役に立つものか、という事が、あまり分かってないんじゃないのかというのも1つですし、あとは、導入のハードルが高いと思ってる人が多い。あるいは、使い方が間違ってるんじゃないかと思われる時もあります。

要は、かけてるコストに対して、ちゃんとしたリターンを得てないのではないかと思います。コストパフォーマンスを十分取れてないから使わない。今まで(モデリング)無しでも、物が作れているかどうかは、ともかくとして、無しで作っちゃってる、という技術があります。あえてここでモデリングを勉強して、更に、今までやってない作業を加えてプロジェクトを回す事に対して、皆さんは、あまりメリットを感じないかもしれませんね。加えて、最近のアジャイルブームで「ドキュメントを書かない」という流れの中でモデリングもやらないみたいな混乱、もあると思います。
私が思うに、「場に合わせて、適切なレベルでモデリングをする」というのは、非常に効果が高いと思います。

それを、皆さんは、今日この場でお勧めしたいと思います。


AYM モデリングが根付かない理由


kordake_modeling2

悪い例からお話しますと、そもそも皆、生真面目にやりすぎている。UMLは13種類のダイアグラムがあるんですけど、それに対して、それぞれの図の表記に困ってしまっていて、「それを逐一勉強した上で、プロジェクトに取り掛かろう」とか、どのレベルの詳細度まで描くか、をあまり考えないで“やたら”描いてるという事が、多々見られるわけですね。
やはり「小難しくし過ぎてる」というのは、一つあると思います。

非常に細かいレベルまで表記方法にこだわって描いていくことや、抽象度をすごく上げて、”そもそも”というレベルのモデルを描いても、描いたモデルは、返って伝わらなくなりますね。

私は、よく英語に例えるのですが、”一番通じるレベル”があって、例えば国際語としての英語というのは、必ずしもネイティブのような英語を喋ってても、他の国の人には伝わらないわけですね。なので、このレベルで使うと、1番よく伝わるというレベルがあるんですよね。そして、モデリングしてきた人は、誰が取り決めたわけではないけれど、一様に”このレベル”という感覚が、共有できてると思っています。

ですから、そのレベルのものを習得して、逆にそれ以上のものは使わない、というような、そういう“ほどいい使い方”を、皆さんにお勧めしたいと思っています。

そもそも、そういう風に生真面目にやったり、難しくしすぎちゃうのは、何のためのモデリングをしているのか、という所を見失っているケースが多いですね。


AYM モデリングの目的を明確にして、自分たちの「ほどよい」レベルを見つけよう


koredake_modeling3

モデリングの目的は、大きく幾つかあると思っています。

1つはやはり、「物を理解するため」にモデリングするという事ですね。

理解についても「全部を理解する」と「複雑な詳細を理解する」という、理解のためのモデリング。それから「伝達するため」、「記録するため」そういった目的もあります。

他の言い方をすると、スケッチとしてのモデル、設計書としてのモデル、プログラム言語としてのモデルなど、色々なレベルの使い方もあります。

それから、扱い方にしても、描き捨てるのか、中間生成物として使っていくのか、最終成果物として残すのか、あるいは保守資料としてメンテナンスまでするのか、そういったものが分類としてありますね。

ですので、今、モデリングをしようとする時に、どういう目的で、何のために、どの程度描いて、この先どう扱うのかというところを決めると、おのずと”ほどよいレベル”というのが定まってきます。


AYM UML13種図のうち、4図だけ使えばいい


koredake_modeling4

図としては大体このくらい知っていればいいでしょう。13種類あるうちの4つを知ってればいい。

ただし、図を使うシーンがあります。他えばクラス図だと、概念クラス、設計クラス、データ設計図など。クラス図だけれど、使うシーンによって使い方が違います。こういう所を意識して、黄色く塗ったあたりを、特に皆さんには必ず習得して欲しいですし、ここに挙げたところが標準的に使っていただければいいんじゃないかと思っています。

あとは、各ダイアグラムにしても、細かく色んなノーテーションがあるので、ダイアグラムごとに「この程度のノーテーションを使いましょう」というお勧めなレベルもあります。

 


AYM ほどよいレベルを理解すれば、コストパフォーマンスの高いモデリングを実現できる


koredake_modeling5

細かい話は省略しますが、目的にかなった”ほどよい”レベルを理解した上で、高パフォーマンス、そういう使い方をすると、非常にコストパフォーマンスの高いモデリングをできるだとう、と思っております。


[関連記事/スライド]
「これだけ」モデリング (後半)
【対談】「これだけ」モデリング (前半)
これだけモデリング (平鍋記事 on Qiita)
要求開発にて”「これだけ」モデリング”
これだけモデリングスライド

Advertisements

2 Comments »

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: