Skip to content

GSN解説(2) – GSNの基礎とその構成要素


こんにちは。名古屋大学の山本修一郎です。
GSNは「あるシステムやプロセスが、基準を満たす」ということを説明するための手段です。

ですので、まず「主張」というものがあります。
この主張は、システムや基準、原則がありまして「こういうシステムや基準を対象にして、システムが、ある基準や原則を満たす」ということを説明するための手段です。

GSN_ProfYamamoto2これを説明するためには、例えば「システムの構成で説明する」という事になります。
そうすると、システムの構成というのは、例えばこのシステムには構成要素があるので、
「構成要素がこの基準や原則を満たすこと」
「構成要素の関係が原則を満たす」

この2つを説明する必要が有ります。

それぞれについて、確かに関係が原則を満たす客観的な「証拠」があります。要素についての証拠もあります。

そうすると、今度はこの要素に基づいて、確かにシステムが、こういった原則を満たしているということを、第三者に対して論理的、合理的に説明することができます。

これが、GSNの最も基本的な考え方なんです。


[関連記事]
GSN解説(1) – GSN (Goal Structuring Notation)とは何か?
【対談】GSN, D-Caseの動向と必要性 – 名古屋大学 山本先生 x 平鍋対談

Advertisements

2 Comments »

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: