Skip to content

GSN記法チュートリアル〜書き方のコツ〜


平鍋

平鍋

「モデリングしてますか?」
今日は産総研(AIST:産業技術総合研究所)の相馬大輔さんをお招きして、GSN記法のチュートリアルをお願いしたいと思います。では相馬さん、よろしくお願いします。

 

相馬さん

相馬さん

ありがとうございます。産総研の相馬です。
本日は、GSNの基本についてご説明をさせていただきたいと思います。

 


AYM ゴール志向分析と似たようなトップダウンの手法


Goal Structuring Notation (GSN)
GSN、Goal Structuring Notationと呼ばれるセーフティケースを記述するための記法なんですが、York大学Tim Kelly等(Tim Kellyの対談ビデオはこちらから)によって開発され、FTAなどのゴール志向分析と似たようなトップダウンの手法になります。

 

 


AYM GSNの要素


ノードとしては、基本的には、Goal、Strategy、Solution、Contextといったノードと、それらを繋ぐSupported by、In context ofといった矢印で、それらを繋いで形作ります。主張をStrategyやSub goalに分解し、最終的に、その根拠資料となるSolutionを配置して、その議論を構成するというものです。


AYM 専門的な知識を持たない人にも理解できるように明瞭に記述する


GSN記述の注意GSNを描くときの注意点がいくつかございます。

Goal、Context、Solutionなど1つの要素に、複数の要素を含めない、内容をかかない、という事が注意点になります。

次に、明確に記述するという事ですね。
曖昧な2つ以上の意味に捉えられるような文章を書かない、きちんと定義されていない分に関しては、Contextなどをつけて、その意味を明確にするという事が必要になります。
GSNは、もちろん、システムや作ったものに関して専門的な知識を持った方が作りますので、議論の飛躍が起こりやすくなります。

ですので、読む方は、専門的な知識を持たない可能性もあるので、きちんとワンステップずつ議論を構成していかないといけない、というよう注意点もございます。

 


AYM できるだけシンプルな議論構造に


議論構造の検討について

また、GSNの描き方、議論の構造に関してですが、よくコミュニティスタンダードの方でも出てくる「各ハザードに対して、それが対抗されている」といったような議論をかく事が多いのですが、実際には、それらは根拠資料の中に入っている事になりますので、それよりは、もう少しシンプルに、「こういう考えで全部に対して対抗されている」、ということであれば、その根拠資料だけを配置する、といったシンプルな書き方の方が良いと思います。

 

 

平鍋

平鍋

相馬さん、ありがとうございました。
では次回、実際のGSNの実例を見ながらお話しを進めていきたいと思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: